Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

ルスルス日誌

菓子工房ルスルスの日々を書き留めていきます。
「14 LAST」

突然ですが。

工事完了しました!



あとは細かい造作で仕上げ。













厨房機器も最後の搬入をして、おわり。


ガス屋さんも、水道屋さんも、すっかり仕事を終えて、
引き上げていきました。

みなさま、本当にありがとうございました。
とてもいいものを作ってくださいました。

 


残っているのは棚の取り付けや家具小物をそろえること。


オープンまでの数週間。
大急ぎで古道具屋さんや、骨董市に通って、そろえていきましょう。
(そういえば昨日は本棚が届きました。)


最後に、お店の前に「びわの木」の植樹をしました。
(植木ポットも作っていただいて、元からある『ソメイヨシノ』とぴったりお揃い!)





ルスルス「東麻布店」のトレードマークでもある、大きなびわの木。
この木の種を、数年前から育てていたものです。(父が。)


ルスルスの原点である東麻布店。
そこで培った小さな小さな誇りを今度は浅草でも育てていきたいという思いから、
この木をお店の目の前に置くことを決めました。



さてさて。
ここからの数週間が、私たちにとって、とても大事な期間です。

すっかりきれいに出来上がった空間を眺めていても始まりません。
スタッフ全員で、協力して、研修です。


こんな素敵な工房で働けるなんて、私たちは幸せです。



工房を作ってくださった職人の皆様のおかげです。
大切に、使わせていただきます。
ありがとうございました。


※みんなで記念写真。


 

※OPENの日はもう少し先になりますが、
近々お知らせできそうです。

 

 

| 浅草店工事風景 | 23:08 | comments(2) | trackbacks(0) |
「13」

 カウンターにキズをつけてしまいました。


ショーケースを置いて、感じを見てみようとしたら。

勝手において、私がショーケースを引きずってしまったので、
せっかくのきれいなカウンターに、ガリッという嫌な音とともに、小さなキズをつけてしまいました。

申告すると、あわてて佐藤さんが直してくれました。
ごめんなさい。

 

そして最終の塗装です。


ペンキ屋さんのゴリさん(愛称です)。
雨が降りそうだったので、急いで黙々と塗ってくれていました。



キズを直してもらったカウンターも色付け。

 

こちらがとっても大事なもの!!

色を決めているのですが、やや悶着あって、結局クリアにまとまりました。

なにしろ雨が降りそうなので、大急ぎ。

 

無事塗装終了ー。


屋内に運んで、乾かします。


先日、急遽向かった、草加市の岩崎木材店さんで分けていただいた木材。
(※「08」参照)

私たちの大切な生徒さんが気持ちよく教室を楽しんでいただけるような、
立派な作業台に生まれ変わりました。
折りたたみの足(やや硬め)を付けたのですが、たたむのもったいないです。

 



外側の白格子も、しっかりきれいになりました。


塗装屋さんのお三方。
ありがとうございます。


| 浅草店工事風景 | 20:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
「12」

建具の内側に強化ガラスを入れました。



せっかく古い建具をきれいに修繕していただいたので、
厨房との間に普通の強化ガラスを挟んで、守ります。




そのガラスを止めるための止め木は、大工さんの手で。
「隠し釘」という、打ち込んだ後、頭の部分が取れる釘を使っていました。
打ち込んだら取れないので、「一発勝負」ってやつです。


※隠し釘


ガラスを切っています。
このお仕事も、見ていてとても楽しかったです。



カッターのような、定規のような、平ったいなにかで、
おおきなガラスにスーッと線を引いて外側にパキッと折ると、
キレーにガラスが形を変えていきます。



細かいところもぴったり収まりました。





こちらでは、照明器具の高さの調整。



この方は小石川社長のお兄さん。
丁寧な口調で、私たちもよくわかるように電気と配線の仕組みを教えてくれます。
わかりやすい!



二人の息子さんと3人で、慣れた感じでそこら中の電気関係をチェックしてくれています。


お兄さん。



弟さん。





照明器具のカサは、古道具屋さんでこまかく集めていたものを適当に配置。
この建物は、天井が高いのでペンダントの「垂らしがい」があります。

が、

いっぱいあって上ばっか見て、段々何が何だか分からなくなってきました。
気が変わったらまた位置を入れ替えたりすればいいので、今回はこんな感じで。









私がいちばん好きなのはこれ。
イカ釣り漁船みたい。

| 浅草店工事風景 | 19:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
「11」

 「外の壁」が真っ白になりました。
このあいだ、はがしてしまった外の壁。


ガビガビになったむき出しの壁に、
正直どうなることかと大家さんも一緒に少しだけひやひやしていましたら、
ささーっと、モルタル壁を仕立ててくれました。
このあと漆喰を塗りまして、やわらかい質感になって、とても気持ちがいいです。



モルタルは水で練って使います。
この袋、25圓如⊂麦粉の袋と同じ重さ。
ルスルスと共通のものがあってなんとなく嬉しい。

左官屋さんの阿久津さんは、
福島弁で塗目の難しさについて、たくさん教えてくれます。


次は、
玄関のたたきの「洗い出し」。
姉と阿久津さんが、どのくらいの量の石を埋め込んでいくか、話し合っています。


現場でサンプル作成。




この辺の感じで」と姉が指でフレームを作って伝えます。
「ふーん」と、独特のイントネーションで阿久津さんが答えます。



小石川社長が選んでくれた石袋には、たまに小さな貝殻も入ってとてもかわいいです。
姉の希望で琉球ガラスも埋め込もうとしているのですが、うまくいくかどうか。


こちらも、週明けが楽しみな案件。



スタッフも来てくれたので、石やガラスを一緒に蒔きました。
これから長い間かけて、みんなで空間を育てていきましょう。

 



現場に初めてきたスタッフがルスルス父から図面の説明を受けています。

 

 

ここは、あこがれのタイル張り。
キラキラしてきれいです。気に入っています。


タイル屋さんは、朝来て、ものの数時間できれーに仕上げて帰っていきました。
(ので写真があまり取れなかった。。)




| 浅草店工事風景 | 20:43 | comments(1) | trackbacks(0) |
「10」

 建具屋の中山さんがとにかく職人気質で渋いです。


古くからの測量の単位、「寸尺法」で記した建具の設計図があったのですが、
ガラスを古家具店さんから購入するために「メートル法」に直してほしいと頼んだら、
『このままやってくんねえかなあ』と、しきりに言っていました。
本っ当はいやそうにしていましたが、結局、直してくれました笑。
左手に電卓…ありがとうございます。

おかげさまで月曜日には、栃木県から、きれいに切りそろえられたガラスが届きます。安心。


さらに。
三宿の古道具屋さんで購入した「部品の足りないドアノブ」により、
中山さんを悩ませています。

このガラスの取っ手は、今週は中山さんの持ち帰り事項になりまして、
週明けまでのおたのしみ。


「ここの部分が足りない」と、説明してくれています。


「まあできないこともないかもしれないけど…」と、眺めています。


小石川社長がやってきて「なんとかしてくれよ」と頼んでくれました!


つけることができるかどうか、こちらはわくわくして待っています。

 



作業中。
失礼ながら携帯電話で写真を撮っていても、まったく関せず黙々と木を削ってくれています。


中山さんの道具。
左端の、木材に軽い傷をつけて、こまかいメモリを打つ道具が一番気に入りました。
木の板に戸車を作るような時に、必要になってくるそうです。


引き続きよろしくおねがいします。

 

| 浅草店工事風景 | 20:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
「09」

「東麻布店」と「浅草店」それぞれに設置する厨房機器の入れ替えや、搬入を行いました。


 
ルスルスの入口はとても狭いので、
扉も取っ払って作業開始。



一番重くて大きいオーブンは、大人の男性4人がかり。
見ているだけで申し訳ないとも思いましたが、手を出すとむしろ邪魔かと思いますので、
オーブンがいなくなった空間を掃き掃除。





クレーンまで登場して、私たちの大切な大切なオーブンは吊り上げられて積み込み終了。
この重機屋さんのおふたり。
とても息があっていて、あんなに重たいものをてきぱきと、ものの数分で運び出してくれました。
見ていて本当に気持ちがよかったです。






積み込み完了。



頼れる合羽橋の厨房機器屋さん「武蔵屋さん」の先導で、いざ浅草へ。

このでっかいオーブンが、5年間麻布で過ごした日々を勝手に想い、
なんとなく切ない気分とともに、走り去る2tトラックを見送りました。




ところで麻布のお店には、また別の新しいオーブンが設置されて、こちらも準備完了ー。






| 浅草店工事風景 | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
「08」
全体の色合わせをしていきます。



ペンキ屋の「林さん」(写真右上)が、
出したい色は何でも出せると言ってくださるので(素敵!)、
みんなでトーンの相談をしています。







とおもったらもう本当に早くて、
ほとんど1日であっという間に進んでしまいました。




ブログアップか遅れるともう全く違う空間になります。
…撮りこぼさないようにしないと。



そして!!

焼き菓子用のショーケースも来ました!

これから中板を2段つけてもらいます。
またまた佐藤棟梁の技をちゃっかり盛り込ませていただきます。




と。

ふと外の壁を見るとなんと!
すっかりはがされていました。



手間がかかるので、今回はあきらめようかと思いつつ、
「壁のタイルの部分をはがしたいなあ」とちらっと言ってみたのは私たちですが、
本当にはがしてくださるとは。

今回の現場をすべて仕切ってくださっている、
小石川興業の小石川社長!本当にありがとうございます。


わがままが実現し過ぎてすこし怖い気もしてきますが…。




さて。

お次はこちら。
ハコができてきたので、家具や小物も選んでいかなければいけません。


というわけで、やってきたのは、埼玉県草加市にあります、
「岩崎木材店」さん。


佐藤棟梁の紹介と言って、図々しくも押し掛けた私たちを、
近所にある、木材市場にさっさと連れて行ってくれました。


広ーい敷地内にとんでもなく大量の木材が整然と並んでいます。
いい香りー!
森林浴にきた並みの気持ちよさでした。


そして。

姉はこの木が気に入ってしまったようですので他はもう何も見ていません。

この素敵な木材で、何ができるかは、おたのしみ。
とても大切なところです。




ひきつづき。

| 浅草店工事風景 | 00:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
「07」
 細かい手仕事に感激しています。




ショーケース周りの設計が確定して、
大工さんたちが、本領発揮とばかりに、細かい手仕事をたくさん披露してくれています。


大工さんの「もっさん」
(※みんなからは「もっちゃん」と呼ばれていますが、年上ですので…!)

佐藤棟梁との掛け合いもいい感じで、細か技が光ります。




節の張ったでっかい手が作り出すものはどれも繊細なものばかり。
まさに「働き者の綺麗な手」ですね。(映画「風の谷のナウシカ」より引用)





「生け捕り」した格子達も修復されるのを待っています。









大工さんのかっこいい道具の紹介。
「釘」です。
こんな風に針金でつながって巻いてあるのをはじめてみました。
かわいい。







この日から、クロス屋さんも入ってきました。
メージャー使いが素晴らしすぎました。






こちらは「建具屋さん」
追加で立て付ける建具や細かい格子扉はこの方が作ってくれます。

扉用の古ガラスも探さなければ…。





みなさんのお仕事を、ずっと見ていたいけど、そうもいかないので、
ルスルスは東麻布に戻って通常業務に。



引き続きよろしくおねがいします。










| 浅草店工事風景 | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
「06」
浅草は、三社祭の真っ最中!


にぎやかなお囃子の中、
「浅草店」工事が 着々と、進んでおります。
大工さんたち、ありがとうございます。

さて、いくつか。




入口すぐの販売スペースが整ってきました。
ショーケースが置かれるところの正面に立ってみます。
引き戸の奥が、厨房です。




カウンターがついてませんので、すっきり広い!
これからショーケースとカウンターが、ぴったりとおさまります。
まだ床もはがしたまま。




こちらはかっこいい道具。
手前にある「R2‐D2」みたいなのから、赤い光線が出て、フラットを示します。
欲しい。






棟梁の佐藤さんです。
とても無口ですが、質問すると的確に答えてくださるので、とても頼れます。





内部の、教室/厨房の仕切り部分は、格子からお互い目が届くようになっています。
この格子枠は、もともとこちらの建物の造作に使われたものを「生け捕り」したものを、
ここにくっつけました。
素敵!!!




東麻布に出勤前に覗くたび、みるみる出来上がっていくので、
こちらもどんどん身が引き締まります。


「東麻布店」では、
今月から新規の定期教室が始まっています。
はやく生徒さんたちにこの空間をお披露目したい!!




引き続きがんばります。

| 浅草店工事風景 | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
「05」



床板が来ました。
置いてみて、並べ方を考えています。





屋根裏の収納棚!
本当に助かります。

ここの天井は150センチもないのですが、
背の低い私たちには十分です。





照明器具の、カサ。
どこにどれを使うかはまだ未定。

決めていくことが依然としてたくさん!


| 浅草店工事風景 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) |